ソーシャルメディア ガイドライン
 

ソーシャルメディア ガイドライン

 

ブログやツイッター、フェイスブックに代表されるソーシャルメディアの普及に伴い、誰もが情報発信できる環境において、株式会社デザインフィル(以下「当社」)としてもソーシャルメディアの有効活用は、お客様への適切な情報発信はもとより、お客様のご意見を聴くことができる大切な場所になり得ると考え、新たな関係作りのチャンスと捉えています。
一方、ソーシャルメディアが持つ情報のオープン性や伝播力といった特性によって、不正確な情報や不用意な発言が大きな問題を引き起こす可能性があり、企業に大きな影響を与えるリスクも自ずと高まると考えられます。
当社ではこれらのリスクに対応するため、役員、従業員、業務委託先(以下、「デザインフィル関係者」という)がソーシャルメディア利用時にその特性や守るべき社会的規範を理解し、適切な利用を目指すため、以下の通り、ガイドラインを策定しました。

【基本事項】

当ガイドラインは、当社およびグループ会社のソーシャルメディア活用方針を表明するもので、デザインフィル関係者を対象に、ツイッター、フェイスブック、ブログ、動画・写真投稿共有サイト、オンライン掲示板等のソーシャルメディア・サービスを利用する場合に遵守すべき姿勢や基本マナーについて定めます。
また、このガイドラインは当社を代表してソーシャルメディアを利用する場合のみならず、デザインフィル関係者が個人として利用する場合にも適用されるものとします。

【お客様、お取引先様およびソーシャルメディアご利用の皆様へのお願い】

ソーシャルメディアにおいてデザインフィル関係者から発信された情報のすべてが、必ずしもデザインフィルの公式発表・見解を表しているものではございません。正式な発表に関しては当社関係サイト(デザイフィルサイト、ミドリサイト、KNOXサイト)およびプレスリリース等で情報発信しております。
アカウントによって、対話の仕方(返答可否、方法、対応時間など)は異なります。

【投稿に関するガイドライン】

当社は、デザインフィル関係者が、個人でソーシャルメディアを利用することを規制しません。むしろ、常に新しい発想を求められる会社に携わる個人として、積極的に活用する事を推奨します。
但し、各人のソーシャルメディアにおける投稿に関しては、以下のガイドラインに従うこととします。

(1) 個人情報や企業としての秘密・重要情報を公開しない

(2) デザインフィルやデザインフィル製品の不利益になるような発言はしない
但し、当社や当社商品に、万一問題があった場合や公開している情報に間違いがある場合などは、真摯に事実を受け止め、誠実な受け答えを心がけます。

(3) 製品名やブランド名、社名について記述する場合は、極力正式な表現をする

(4) 違法性のあるコンテンツ、極端な誹謗・中傷を含む発言を行わない

(5) 個人の所有するアカウントに関するガイドライン
デザインフィル関係者が個人で利用する各種ソーシャルメディアのアカウントの説明やプロフィールに、デザインフィル関係者である事を明記するかどうかは、各人の判断に委ねます。
ただし、アカウントの説明やプロフィールにデザインフィル関係者である事を明記する場合は、以下の項に従います。

1. 会社としての正式な見解や回答ではないことを明示する
ソーシャルメディア・サービスを使った投稿が、個人としての投稿であり、当社としての正式な発言や見解、回答では無いことを、アカウントの説明で明記します。
例)発言は個人的なもので、会社としての公式コメントではありません。

2. 常に良識ある個人としての発言・投稿を心がける
ソーシャルメディアにおける活動は各人の自由です。但し、デザインフィル関係者であることを明記している以上、各人が発する発言やふるまい・態度、投稿は、当社の信頼性やブランドに大きく影響していることを留意し、常に良識ある発言・投稿を心がけます。


 
このページの先頭へ