環境・社会貢献
 

社会貢献活動

 

デザインフィルは、デザインの力で社会と文化の発展に努めるとともに、社会の一員として豊かな社会環境をはぐくむための社会貢献活動を進めています。現在行っている芸術、スポーツの支援活動に加えて今後は活動の幅をさらに広げ、また、社員一人ひとりの取組みを積極的に推進してまいります。

デザインフィルは社会貢献活動を通じ、社会の皆様と共に豊かな生活文化の実現に向けてまい進していきたいと考えております。

 
 
特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパン
 
特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン様による、途上国の子どもが健やかに成長するための募金プログラム『チャイルド・スポンサーシップ』に協力し、期間限定の支援者向けプレゼントとして「ミドリ」のステーショナリーをご提供しました。

・特定非営利活動法人 ワールド・ビジョン・ジャパン

2016年5月13日
 

 
公益社団法人CIVIC FORCE様に協力
 
公益社団法人CIVIC FORCE様に協力し、東北地方太平洋沖地震の被災地に
ミドリの便箋、封筒、はがき約20,000点をお届けしました。

・公益社団法人CIVIC FORCE

2011年4月18日
 

 
東北地方太平洋沖地震の被害に対する支援について
 
この度の東北地方太平洋沖地震により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

株式会社デザインフィルでは、被災者の方々の救済と、被災地の復旧に貢献するため、日本赤十字社を通じて救援活動資金200万円を寄付させていただきました。
また、当社で運営している公式オンラインストア「ミドリ オンラインストア」内にて、「オリジナルコットンバッグ」[500円(送料込・税込)]を販売し、その売上金全額を日本赤十字社へ寄付いたします。

被災地および被災者の、一刻も早い復興と救済を心より祈念申し上げます。

2011年3月29日
 

 
バリアレス ハートギャラリー
 
絵画の発表を通して、知的障害者の心の障害を解消しようとする運動です。
「デザインによる社会と文化への貢献」を企業理念とするデザインフィルにとっては、とても共感できるものです。定期的な寄付とイベントのお手伝いをしております。

・バリアレス ハート

 
 
 
第24回「バリアレス・ハートギャラリーin 羽田」開催

当社の社会貢献活動としてサポートしている「バリアレス・ハート」主催による「第24回「バリアレス・ハートギャラリーin 羽田」が、2013年5月8日(水)〜6月7日(金)に羽田空港国内線第一ターミナルにて開催されました。会場では、「やさしさ・おもいやり・共に生きる大切さ」をテーマに、普段一般の人の目に触れる機会の少ない障害者の皆さんが制作した絵画や書道などの作品が展示されました。いずれも力強くタッチや独創的な色使いなど、見る者が励まされるような素晴らしい作品ばかりでした。尚、本年は、東日本大震災で犠牲になった鈴木姫花さんの夢いっぱいの作品も特別展示されました。
展示作品の写真はこちら>>

2013年5月29日
 

 
日本赤十字社、赤い羽根募金
 
どちらとも20年以上のおつきあいです。
企業の社会貢献が注目される以前からデザインフィルは会社の利益の一部をお客様に還元するよう寄付活動を続けております。

日本赤十字社様から社資功労感謝状をいただきました。
(2011年10月6日)

日本赤十字社様から感謝状をいただきました。
写真は、日本赤十字社 東京都支部の方と当社担当。
(2011年6月30日)

・日本赤十字社
・東京都共同募金会

 
 
 
2009年11月10日
日本赤十字社様から感謝状をいただきました。
 
 

 
スペシャル オリンピックス
 
スペシャルオリンピックス様より感謝状をいただきました。(2009年5月26日)

全国には約50万人の知的障害者の皆さんがいらっしゃいます。

スポーツ好きの社員が多いデザインフィル。
自分の得意分野を通じて、コミュニケーションを図り地域社会との交流にお役にたてればと願っております。
定期的な寄付とイベントのお手伝いをしております。

・スペシャルオリンピックス日本・東京


 

 
「世界の子どもにワクチンを日本委員会」に協力
 
デザインフィルでは、昨年から身近なところで出来る環境・社会貢献活動の一つとして、ペットボトルのキャップ回収を行っています。
「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会」に寄付すると、キャップ400個(1kg)で10円の売却利益となり、ワクチンを必要としている世界の子どもたちに贈ることができます。 また、ペットボトルのキャップは、プラスチックゴミとして焼却処分されると、キャップ400個で3150gのCO2が発生します。(回収した場合、3150gのCO2削減につながります)


当社社員は総勢140名ほど。数を集めるのに時間はかかりましたが、オリジナルの回収ボックスを設置し、また、ご家族にもご協力をいただくなどの地道な活動の結果、エコキャップ運動を推進し「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会」などに寄付を行っているペットボトルキャップ収集ボランティアの「グループMATE」さんを介し、2008年11月に6800個のキャップを送りました。
小さな活動ではありますが、今後も普段の生活の中で出来ることを継続して行っていきたいと考えております。

・認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会
・ペットボトルキャップ収集ボランティア グループMATE(マテ)
 


 
このページの先頭へ